contents

出雲支部
3月例会

経営者は孤独ではない!

~社員との信頼関係で逆境を乗り越える~

開催日程:2016年3月17日


出雲支部3月例会チラシ

報告者:原 久子 氏     エステサロンPURLY 代表

<報告>
 報告では、まず原久子氏の経歴やエステサロンPURLYの起業から現在の経営実践に至るまでの経緯を、雇用と退職・女性スタッフの出産や子育てから生じる経営実践上で直面した悩みや苦労といった視点から述べられた。同友会への入会と学びを深める中で、様々な課題に直面するが、結果的にスタッフが安心して働ける環境を作るとともに、子育てなど制約があるスタッフたちが制約のないスタッフに甘えるのではない働き方を全員で考えるなどの経営を実践している。
報告では、自社の悩みや様々な苦労をさらけ出していただき、少なからず社員を人手と扱ったことへの反省を共感する参加者も多く、全ての社員が働きやすい環境と利益追求の両立について深く考えるきっかけとなる報告であった。

<討論>
討論は2つに分けてテーマを設定し、「①社員時代に嬉しかったこと、この会社で働いていて幸せだと思ったことは?」お「②会社も社員も幸せになれる経営とは何ですか?」について討論を行った。社員をパートナーとして働きやすい環境を作り、かつ民間企業として利益をあげるための方法を深く討論するために、①では社員の立場から考え、②で深めることを意図している。幅広い内容で討論できるテーマであったため、様々な内容の報告があったが、各グループ共に深い学びができたものと感じている。

<感想>
 女全交in旭川の壮行例会という位置付けであり、報告者・座長共にこれからさらに内容を深めていくための例会であり、これまでにない準備を行った。結果的に、そちらの立場からも、さらなる準備を深めるための気付きを得ることができた。
女性がメインの会社では、本報告であったように、利益を目指しながらもその前段階での働きやすい環境や制度づくりが不可欠となる。労働力不足が深刻化する中、一般の企業であっても多様な働き方を模索する必要がある中、本報告のような学びの場は不可欠であると思われる。
また、多くの女性経営者のゲスト参加があり、報告に共感する方が多く、会員数増加に向けてフォローをしていくことが効果的である。


森山 昌幸